お金を現金で借りたい!

 

 

急に体調が悪くなり仕事ができなくなってしまった」「子供が私立の学校に入った」など、生活の中で
急にまとまったお金を借りたいと思う状況がいろいろあると思います。

 

また臨時のまとまった金額のお金だけではなく、今月の生活費が少しだけ足りないので、お金を現金で
借りたいという方も少なくありません。

 

このように生活をしていると誰であってもお金が足りないと感じる事もあり、お金を借りることはできない
のかと考えるものです。

 

もちろん無計画にお金を借りる事は良い事ではありません。

 

特に最近ではネットを調べてみると、Web上の処理だけでお金を借りる事ができるようになっています。

 

ですので現在は必要な場合すぐにWeb上でお金を借りることができる会社が多いです。

 

ですからお金を借りる時には、まず時間を取ってじっくりと本当にお金を借りる必要があるのか考えるように
しなければなりません。

 

きちんとお金を借りる必要性を考慮し、本当にお金を借りる必要があるなら、対面式でもネットやWeb上で
あってもお金を借りることは間違っていることではありません。

 

お金を借りる必要性に迫られていると、どうしてお金を借りたいという気持ちが強すぎて、事前の準備を怠って
しまうことがあります。

 

銀行であれ、消費者金融であれ、お金を借りる時にはきちんと事前によく準備をして置かなければなりません。

 

あまりにも性急に手続きを行ってしまうと、手続き上に問題が起き結局、お金を借りられないということに
なりかねません。

 

特にネットを使ってWeb上だけで手続きができるようになってきているので、申込む時には慎重に準備を
しましょう。

 

はじめてお金を借りる方

 

 

 

初めてお金を借りる方の場合、銀行や消費者金融対する知識や経験があまりないため、どのように
手続きを始めれば良いのか不安に感じるかもしれません。

 

最初にお金を借りる時は、自分がお金を借りられる状態にあるのかをチェックするようにしましょう。

 

お金は誰でも借りる事ができるという事ではなく、一定の条件があります。

 

こうした条件については、ネットで銀行や消費者金融のWebサイトで丁寧に説明されています。

 

条件について調べてみると、漠然と感じていた不安を解消することができますので、まずはインターネットを
使ってWebサイトの情報にアクセスしてみましょう。

 

最近では銀行などの金融機関のWebサイトはスマホにも対応しているので、スマホを使用してWebサイトの
情報を調べることができます。

 

それではこれから以下より、お金を現金で借りる6つの重要なポイントを解説しますので、しっかりこの6つの
ポイントを押さえておいてください。

 

この重要なポイントを知っているだけで、はじめてお金を現金で借りる人が、審査に通る確率が格段に
高くなります。

 

お金を借りる前の申し込み条件を確認する事!

 

お金を貸す側は、お金を借りたいすべての方にお金を貸すということはありません。

 

借りる人に対して条件を設けることによって、借りる人が返済をきちんと行えるようにしています。

 

逆に言えば、この条件に当てはまらないとお金を借りたいと思っていても、借りることはできないと
いう事です。

 

この条件は金融機関によって若干異なっているので、自分の条件に当てはまるところがあるかどうかを
ネットのWebサイトで調べられます。

 

銀行であれ消費者金融であれ、お金を借りるためには安定した収入がある事が条件になります。

 

この条件はあくまで安定した収入という事なので、必ずしも正社員でない場合にはお金を借りられない
わけではありません。

 

極端な例では、主婦であっても夫に安定した収入がある場合、本人に収入がなくてもお金を借りられると
いうわけです。

 

但し融資額が大きくなると、当然収入額に対する要求がより高くなります。

 

次の条件は年齢です。

 

年齢には制限があり、満20才から60才未満以外はお金を借りたいと思っても借りることはできません。

 

20才未満は未成年なのでお金を借りることはできず、60才以上になると安定した収入という面での保証が
なくなるため借りることは難しくなります。

 

さらに融資を申込む時に金融機関は信用情報機関の情報を参考にするため、この信用情報機関の情報に
問題がある場合お金を借りるのは難しくなります。

 

過去に債務整理を行っている、携帯電話の本体代の分割払いが滞ったりした場合は、信用情報機関の情報に
記録されることになります。

 

まずこうした条件をチェックしてみましょう。

 

お金を借りるための必要書類を用意する!

 

お金を借りる時には提出しなければいけない書類があります。

 

毎回お金を借りる時に必要になるわけではありませんが、カードローンでお金を借りる時には本人確認書類が
必要です。

 

本人確認書類とは、パスポート、運転免許証、健康保険証を準備しておけば問題はないでしょう。

 

但し本人確認書類と現住所が異なる場合は、先程の3つの書類に加えてもう1点の書類が必要となります。

 

公共料金、税金、社会保険料の請求書や領収書、それに加えて納税証明書や住民票の写しの中から1点を準備
しなければなりません。

 

こうした領収書や請求書は意外と処分してしまっているケースが多いので、早めに確認する必要があります。

 

さらにお金を借りたい時には収入証明書の提出が必要となります。

 

収入証明書とは文字通り、自分の収入額を証明するための正式な書類となります。

 

但し、収入証明書は必ず必要というわけではなく、比較的まとまった金額の融資の場合には必要です。

 

まとまった金額とはいくらなのかという点は、各金融期間によって異なっていますので、インターネットWeb
サイトで確認しておきましょう。

 

使用可能な書類は給与明細書、課税証明書、確定申告書、源泉徴収票、所得証明書などです。

 

以前はこうした必要書類を郵便で送る必要がありましたが、現在はインターネットを通じて提出することが
できるようになっています。

 

提出方法はWeb上での提出するではなく、多くの場合APPを利用しての提出となります。

 

申し込みの不備をしない

 

お金を借りるためにローンを組む時、ネットを通じてであれ、直接申請であれ多くの書類に記入する必要が
あります。

 

お金が緊急に必要になっている時には、気持ちがかなり焦っている可能性があるため、書類への記入でミスを
してしまう事があります。

 

特に多いミスが、自分の名前を書き間違えてしまう、住所を間違えてしまうなどの書き損じというものです。

 

またWeb上で申込をする時でも、意外と多いミスが数字の打ち間違いや漢字の入力ミスというものです。

 

申込の書類に不備があると、申請が通らなくなってしまい、時間をかなり浪費してしまうことになります。

 

すぐにでもお金を借りたいという時に、もう一度最初から申込を行なわなければいけなくなると、状況は
かなり厳しいものになってしまうでしょう。

 

さらに気持ちが焦っている状態で申込書に記入すると、字がとても乱雑になってしまう可能性もあります。

 

もちろん乱雑であっても読む事はできるかもしれません。

 

しかし申込をするという事は、お金を借りるための審査を受けているということになります。

 

字は見えない人を表現する方法の1つになります。

 

人は通常、綺麗な字を見ると相手の事を知らなくても、字を書いた人が几帳面で丁寧な人という印象を持つように
なります。

 

しかし逆に乱雑で汚い字を見ると、きちんと物事を組織できない人というマイナス面のイメージに繋がり、
審査にも影響する可能性があります。

 

結果として審査に通らなくなる事もあるため、書類に不備がないように最後にチェックをもう一度行うように
しましょう。

 

WEBの申し込み方法を知る

 

1)申し込みをする

 

お金を借りたい時には例外なくきちんと申込を行なわなければなりません。

 

インターネットを通じてWeb上からの申込であれ、申込書に記入して申込む時であれ、書類に不備がないか
どうかを確認しましょう。

 

自分の名前、住所、仕事、職場など多くの情報を記入しなければならず、さらに必要な書類も準備しなければ
なりません。

 

ネットでの申込の場合は必要書類を電子的な形式で送る事もあり、スキャニングが綺麗にできているかも確認
してから申込をする必要もあります。

 

2)審査

 

申込が完了すると、提出された申込書の内容と添付されている書類を使用して審査となります。

 

どのような基準で審査されるのか、こうした審査に関する詳細な情報は明かされていないため、記入に不備が
ないのであれば待つしかありません。

 

審査にかかる時間は金融機関によって異なりますが、早いところであれば30分ほどで終了します。

 

長い場合であっても、翌営業日には審査が終わっている可能性が高いでしょう。

 

3)返済方法を決める

 

お金を借りたいという気持ちが強くなってしまうと、返済の方法は何でも良いと考えてしまいがちです。

 

しかし重要な事はきちんと返済を行っていくことができるのかという事です。

 

返済方法はたくさんあり、消費者金融のATM、コンビニのATM、口座振替、銀行振込、ネットバンクでの
Web返済などがあります。

 

返済方法が複数ある方が返済はしやすくなります。

 

さらに返済を一括で行うのか、分割で行うのか、分割の場合は設定金額によって返済額に変化が出てきます
ので慎重に考慮しましょう。

 

4)「Web」か「来店」どちらかを選択

 

その後賃金業社との契約を行うことになります。

 

銀行や消費者金融によって契約する時の方法が異なっていますので、自分の契約する業社がどのような
方法で契約をするようにしているかをチェックしましょう。

 

契約は主にWeb上で行うか、店舗やATMまで行く来店という2つの方法です。

 

店舗での契約が多いのは銀行であり、多くの消費者金融ではインターネットを利用してWeb上だけで完了
できる場合も多くなっています。

 

5-1)‐1「Web」で契約の場合

 

インターネットを使用してWebだけで契約する場合は、誰にも会わないままお金を借りることが可能に
なるため、非常に便利な方法です。

 

以前であればカード作成を行う場合、最終的に自動契約機に行ってカードを受け取る必要がありました。

 

しかし最近ではWeb上での契約のみで、カードは郵送されてくるという方法も選択できるようになっています。

 

この場合は、ネットを通じて本人確認書類をもう一度アップロードする必要もあります。

 

5-2)‐2「来店」で契約の場合

 

来店での契約を選択した場合は、実店舗を訪問して契約を行なわなければなりません。

 

多くの消費者金融の場合は無人契約機を使っての契約となり、銀行では本店や支店に行って契約になります。

 

消費者金融であれば無人契約機を使用できますが、銀行の場合は対面式になるため、誰にも会わないまま契約を
完了することはできなくなります。

 

さらに来店の場合は、本人確認書類が必要となりますので、持って行くのを忘れないようにしなければなりません。

 

お金借りるために複数申し込みをしない

 

ちょっとだけお金を借りたいという場合であれば、1件の申込みをするだけで十分かもしれません。

 

しかしたくさんのお金を借りる必要がある場合、同時に複数の金融機関にお金を借りるために申込をして
しまう方がいらっしゃいます。

 

しかし借りるために複数申込をする事は避けるようにしましょう。

 

お金を貸す側が重視していることは、債務者が本当に返済可能なのかという点になります。

 

返済をきちんと行い完済するためには、毎月の返済額は妥当である必要があります。

 

しかし返済額が大きくなると、収入に対して返済額の割合が大きくなってしまい、結局返済が滞ってしまう
ことになります。ですから金融機関では適切な金額の貸出を行うわけです。

 

しかし複数の申込をしてしまうと、それぞれが適切な金額での貸出をしたとしても返済額は大きくなって
しまいます。

 

つまり債権者側からすると、その人は返済が難しくなる可能性が非常に高いという印象になるわけです。

 

そのため複数の業社に対して申込を行なっても、すべての金融機関から審査不通過通知が届く可能性が
高くなります。

 

基本的に借金をしているという情報は、金融情報機関というところに登録されることになりますので、申込時に
かならずチェックされることになります。

 

下手な鉄砲数撃ちゃ当たるというように、複数の申込をすればどこか1社くらいは、お金を貸してくれるのでは
ないかと思われるかもしれません。

 

しかしこのような方法は結局のところ逆効果になります。

 

お金借りる目的に合わせて金融機関を選ぶ

 

お金を借りたいという状況は同じであっても、詳細は異なっているものです。

 

例えば少額であっても今すぐにお金を借りたいという場合と、多少審査に時間がかかったとしてもまとまった
金額を融資してもらいたい、という場合があるでしょう。

 

お金を借りる金融機関はこうした状況に合わせて選ぶことができます。

 

消費者金融であれば、ほとんどの手続きはインターネットを使用してWebのみで行うことができるので、借りる
までの手間を減らすことができます。

 

それに対して銀行の場合は最終的に店舗で行く必要があるケースが多いため、時間が少しかかってしまうかも
しれません。

 

しかし借りる金額が大きくなると、消費者金融では希望金額を融資してもらうことができないという事が
あります。

 

これは年収の三分の一以上のお金を貸してはいけないという法律が施行された事と関係しています。

 

つまり本人がどんなに借りたいと思っていたとしても、この法律があるため年収の三分の一を超える額を
消費者金融は融資することは不可能という事です。

 

しかし総量規制対象外というルールがあります。

 

このルールが適用されるのが銀行であり、銀行であれば年収の三分の一という法律の規制を受けることなく
お金を借りる事が可能になります。

 

とは言え大きな金額の融資になれば、審査は当然厳しいものになる事は必然になります。

 

ですからちょっとだけお金を借りたいという時であれば、審査に通過し易いと言われる消費者金融の方が
便利かもしれません。

 

消費者金融でお金を借りる

 


 

消費者金融の大きな特徴として人気を誇るサービスは、即日融資に対応しているところ。

 

大手の消費者金融で有名なのがプロミス、アコム、それにモビット、アイフルが非常に人気なんですが、
その理由はかなり高い確率で当日にお金を借りる事が可能なことです。
(※但し、申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。)

 

一般的には、平日14時までであればWeb経由でお金を現金で借りる事ができます。

 

また、平日の14時以降または土曜日や日曜日、祝日に関してはWebで申し込み後、来店して契約すれば
すぐにお金を現金で借りる事ができます。

 

中でも、特に急いでいる方は消費者金融でお金を借りる選択をする事です。

 

これまで、多くの利用者の方に人気で評判がいい代表的な消費者金融とは、

 

大手消費者金融

実質年率

限度額

プロミス

4.5〜17.8%

1万円〜500万円

アコム

3.0〜18.0%

1万円〜800万円

アイフル

4.5〜18.0%

1,000円〜500万円

 

となっていますが、以下のレイクもほぼ消費者金融に近いサービス内容になっています。

 

銀行系カードローン

実質年率

限度額

新生銀行カードローン レイク

4.5%〜18.0%

500万円

 

上記の表からもわかるように消費者金融の場合、やはり銀行系のカードローンに比べて確かに金利は安く
見えるのですが、少額である例えば、3〜10万くらいの借り入れ額の場合、結果的には消費者金融の金利の方が
有利な場合が多いです。

 

この他、消費者金融のサービスの中で、無利息サービスを行っている金融機関もあります。

 

プロミス、アコム、アイフルなどがこのようなサービスを取り入れていますので、例えば
「今月ちょっとお金が足りないけどすぐに返済ができそうだ」という方には便利なサービスとなっていています。

 

【無利息サービスを行っている人気のカードローン】

 

サービス会社

金利

無利息サービス

適用期間

回数

適用条件

 

新生銀行カードローンレイク

4.5〜18.0%

契約日の翌日から30日間

初回のみ

-

4.5〜18.0%

契約日の翌日から180日間

初回のみ

・利用限度額200万円以下の人のみ
・借入額5万円まで

プロミス

4.5〜17.8%

初回借入日の翌日から30日間

初回のみ

・メールアドレスを登録する
・「Web明細」を利用する

アコム

3.0〜18.0%

契約日の翌日から30日間

初回のみ

・返済日を「35日ごと」に設定する
アイフル

4.5〜18.0%

契約日の翌日から30日間

初回のみ

-

 

銀行カードローンで計画的にお金を借りる

 


 

銀行系のカードローンは、やはり低金利と金利が安いところが大きな魅力です。

 

ただ、審査に関しては消費者金融と比較するとやはり時間はかかります。

 

それでも、やはり融資額に関しては大口の借り入れができるところがメリットですね。

 

銀行のカードローンの多くの場合、急いでいる人、つまり即日でお金を借りる事は難しいと
言えるでしょう。

 

ただ、それほど急いではいないけど、できるだけ低金利で計画的にお金を借りる(借りたい)
また大口の借り入れを希望している、という人には向いています。

 

【主な銀行カードローン】

 

銀行系カードローン

実質年率

限度額

みずほ銀行カードローン

3.0%〜14.0%

最大1,000万円

オリックス銀行カードローン

1.7%〜17.8%

最高800万円

☆ サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)☆

テレビのCMや広告などでおなじみのアイフル!

 

そんなアイフルは最大30日間利息0円、最短30分で審査完了、
原則来店不要で即日融資も可能、 また女性でも安心して利用
できる女性専用SuLaLi等、様々なシーンや利用方法に合わせた
サービスが充実している大手消費者金融業者です。

 

利用条件は満20歳〜70歳未満の方で、定期的な収入と返済能力を
有する方であれば利用が可能です。

 

また、アイフルでは急な出費でも提携コンビニCDからキャッシング可能で返済方法も充実しており、店舗や
コンビニ、提携金融機関等からOK。

 

24時間手続き、当日の振り込みも可能、近くに店舗がない方でもWEB契約で融資が可能です。まずは
WEB上にて事前に、融資可能か1秒で借り入れ診断ができます。

 

この他、アイフルのPC・スマホ限定サービス「配達時間えらべーる」なら本人様限定配送なので、誰にも
知られずに安心してカードを受け取る事ができます。

 

仕事で留守がちな方や、家族に知られたくないという方にも頼りになるサービスとなっています。

 

 

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!となって
いるモビット。

 

そんなモビットは、三井住友銀行グループの「モビット」が提供
するキャッシングサービス。

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも審査に30分は
かかるため、急いで資金が必要な場合は、最も事前審査の時間が
短いモビットのサービスは大変人気です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり。)

 

申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物もなく利用を開始でき、また
店舗への来店や担保・保証人も必要もありません。

 

三井住友銀行グループのモビットという安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査のスピード、そして
「Web完結」の手続きなら電話も郵便物も無いため、会社に連絡が来ると困る方でも、安心して申し込めます。
(※但し、本審査でキャッシング可能額が減額または借り入れ不可となる可能性あり。)

 

即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい、また手続きを簡単に済ませたいという方は大変頼りに
なるサービスです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

 

人気の地方銀行カードローン!

 

千葉銀行は千葉県千葉市中央区に本店を置く、千葉県内で最も
大きい地方銀行で「ちばぎん」の愛称で親しまれています。

 

また、国内においても単独の地銀として、総資産が横浜銀行につぐ
2番目に大きな地方銀行です。

 

そんな「ちばぎん」のカードローンが新しくなりました。

 

スペックが大幅に向上しており、特にはじめてカードローンを利用
する方にメリットが大きい内容となっています。

 

職業等の条件はなく「アルバイト・パート・フリーター・派遣社員」の方でも利用可能で、また本人に収入の
ない専業主婦の方でも、配偶者に安定収入があれば、ちばぎんカードローンを利用できます。

 

ただ、千葉銀行カードローンは「千葉、東京、茨木、神奈川(横浜市、川崎市)」に住んでいる方だけが
申し込みする事が可能となっています。

 

まずは利用のための1つの目安として「10秒クイック診断」が行えるので、現状で借り入れが可能かどうかを
確認して下さい。