お金を借りるならどこ?

 

 

お金を借りる場所はいろいろありますので、どこで借りるか迷うかもしれません。

 

家族、親戚、友人などからお金を借りることも可能ですが、知り合いにお金を借りることに抵抗を感じる方も
少なくありません。

 

金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあるように、親しい関係の中にお金が絡んでくると、良い関係があっと
いう間に悪化してしまうという事もあります。

 

よくある事例ですが、友人関係や親戚関係であるため信頼して、借用書を作らないままお金の貸し借りをして
しまうことがあります。

 

きちんとした借用書がないために、いつまでにお金を返済するのか口約束になってしまい、返済に関する内容が
曖昧になってしまいます。

 

結果として借りた側は返す気持ちでいるにもかかわらず、返済を迫られ気分を害する、貸した側はいつ返済が
分からないために不安になるということになります。

 

そのため友人関係や親戚関係であっても、不和を解消することが出来ずに借金の返済について裁判沙汰になる
ことすらあります。

 

借用書をしっかり作っていたとしても、家族や友人だから返済を少しぐらい大目に見てくれるだろうという
甘えの気持ちが出てくるため、返済が上手く行かなくなる事もあります。

 

そしてお金を借りてしまうと、親戚や友人としての気持ちよりもお金を貸しているという気持ちが勝ってくる
こともあり、結果としてお互いの間に上下関係が発生することもあります。

 

いずれにしてもすぐに全額返済しないのであれば、友人や家族や親戚からお金を借りるのは得策ではありません。

 

どこでお金を借りるべきかは慎重に決めなければなりません。

 

お金を借りるならどこがオススメですか?

 

 

 

上記のような問題があるために、知り合いにお金を借りるのは避けたいものです。

 

またトラブルは起きないものの、友人や家族や親戚に借金をしているという事を知られたくないという
方もいらっしゃいます。

 

そのような方であれば、なおさらお金を借りる場所をよく選ばなければならないでしょう。

 

つまり知り合いではなく、賃金業を行っている業社からお金を借りるということです。

 

現在金融機関としてお金を貸している業社は、銀行、消費者金融です。

 

どのような事情があったとしても、違法に営業を行っている闇金では絶対にお金を借りてはいけません。

 

違法な場所でお金を借りるなら、自分も違法な行為に加わっていることになりますし、最終的には大きな
損失を被ることになります。

 

闇金は基本的に賃金法を守ってはいないため、違法な金利での借金になり、さらに取り立ての方法も
違法なものとなる傾向があります。

 

ですから必ず銀行か消費者金融からお金を借りるようにしましょう。

 

この2つの業社であれば賃金法を遵守しており、安心してお金を借りることができます。

 

しかし銀行と消費者金融の中でも、即日でお金を借りられる場所とそうではない場所、借りる際に他の人に
知られにくい場所とそうではない場所がありますのでどこでも良いわけではありません。

 

急いでお金を準備しなければいけない時には即日融資が可能な業社が良いですし、家族にも借金を内緒に
している場合には、それに対応している業社が良いです。

 

このような観点からどこの業社を選べば良いかを決められます。

 

即日でお金を借りるならどうすればいい?

 

 

 

賃金業法にはすぐにお金を貸すようにしなければいけないという規則はありません。

 

ですから銀行であれ消費者金融であれ、お金を貸し出すタイミングは自分たちで決定しています。

 

また業社はお金を貸す前に審査を行い、お金を貸すべきかどうかを判断します。

 

この判断基準もどこの業社かという事によって異なっていますので、審査終了までのスピードも異なります。

 

そのため緊急にお金を必要としている場合、どこでお金を借りるのかについて良く調べておかなければ
なりません。

 

少なくとも申込申請処理の速さ、審査のスピード、融資までのスピードは調べる必要があります。

 

現在では多くの消費者金融や銀行でも即日融資可能としています。

 

とは言え審査と融資は違うもので、融資までのスピードが早かったとしても審査の時間が遅いなら、申込を
した日に現金を借りることはできなくなってしまいます。

 

ですから即日でお金を借りるためには、先程のすべての項目に当てはまる業社を選ぶようにしましょう。

 

但し即日審査、即日融資OKという場合であっても、当日融資のためには○時までに申込を完了するように
という注意書きが書かれています。

 

多くの業社では平日14:00までの申込の場合のみ、当日口座に振込まれるとなっています。

 

細かい時間については業社によって異なっていますので、最終申込時間を確認して、その時間までに申込を完了
するようにしなければなりません。

 

さらに即日でお金を借りる事を重視している場合は、銀行よりも消費者金融の方が処理も早いため良いと
されています。

 

家族に内緒でバレずに借りれますか?

 

 

お金を借りる事情は人によって異なっていますので、家族に内緒でお金を借りたいという方もいます。

 

結論から言いますと、かなりの確率で家族に内緒のままお金を借りられます。

 

しかし万が一という事もありますので、絶対に家族に内緒にしたままにできるというわけではありません。

 

これから家族に借金がバレてしまう例をご紹介しますが、これを参考にするなら借金がバレる可能性を
極力減らすことができます。

 

家族に借金を知られてしまう危険性があるのは、業社からの電話、通信物、通帳履歴、キャッシングカード、
返済の督促です。

 

最近では申込の確認は携帯電話か職場での在籍確認であるため、申込をした後に自宅に電話がかかってくる
可能性はほとんどありません。

 

仮に電話をして来たとしても、担当者は会社名ではなく自分の名前で確認をしてきます。

 

とは言え、業社によってはもともとほとんど電話をしてこないところもあるので、こうした業社を選ぶ事も
できます。

 

業社から送られてくる郵便物はどうでしょうか?

 

送られてくる郵便物は基本的にほとんどありませんので、カード発行の際に注意を払うだけでも十分であり、
来店をしてカードを受け取ることでほとんどの問題を解決できます。

 

通帳の履歴に関しては、家族で共有している口座を避けて個人口座を利用することで対策できます。

 

返済の督促については、返済が滞らなければ良いだけなので、きちんと返済を続けるようにしましょう。

 

絶対ではないものの、このようにする事で家族に内緒でお金を借りる事ができるようになります。