お金を借りるなら銀行それとも消費者金融どっち?

 

 

お金を借りるのであれば、当然賃金法を守っている金融機関から借りる必要があります。

 

銀行と消費者金融は日本の賃金法を遵守して、お金を貸すことを業務として行なっています。

 

では銀行と消費者金融では、どちらからお金を借りる方が良いのでしょうか?

 

これまでにお金を借りる機会がなかった方にとっては、選択するのが難しいと感じるかもしれません。

 

まったく融資の経験がないのであれば、なんとなく消費者金融でお金を借りるのは怖いと感じる方も
少なくないでしょう。

 

しかし消費者金融であっても、きちんと法律の元に業務を行なっていますので、消費者金融から
お金を借りること自体に危険があるわけではありません。

 

一番重要になるのは、どこからお金を借りるのかという事ではなく、お金を借りる目的や金額を自分で
しっかりと把握することです。

 

なぜお金を借りる必要があるのでしょうか、本当に必要な金額はどれくらいなのでしょうか、このような
お金を借りる理由をはっきりとさせる事はとても重要です。

 

お金を借りる際、時にはかなり焦っているというケースもあるかもしれません。

 

しかしこうしたお金を借りる目的や金額がはっきりしていないと、どこからお金を借りるべきかという
選択を誤ってしまう可能性があります。

 

つまり何のためにお金を借りるのかという、その目的によって銀行でお金を借りるのか、消費者金融で
お金を借りるのかということが決まるわけです。

 

ではどちらでお金を借りる方が良いのか、状況に合わせて考えてみましょう。

 

銀行のほうがオススメな方

 

 

 

銀行でお金を借りる方が良いのは、借りる金額が大きい方、信頼度を重視する方、金利が低い方が良い方、
少し審査に時間がかかっても大丈夫な方などを挙げる事ができます。

 

銀行と消費者金融ではお金を貸すという意味では同じであっても、借りられる金額や金利などに違いが
出てきます。

 

賃金法は2010年6月18日より改正され、総量規制というものが始まりました。

 

もちろんこの法律は消費者保護のために施行されたものなので、賃金業を営む業社は遵守しなければ
なりません。

 

総量規制とは年収の三分の一以上のお金を借りることはできないというもので、借りすぎを防ぐという
意図があります。

 

しかしこの規制があると、まとまったお金を借りる必要がある時には対応ができなくなってしまいます。

 

消費者金融は例外なく、総量規制対象になるため年収の三分の一以上を融資することはできません。

 

しかし銀行は総量規制対象外になっているため、銀行の審査に通りさえすれば、まとまった金額でも借りる
ことができます。

 

また銀行のカードローンでも最短即日融資という広告が出ていますが、実際には融資の額が大きくなるため
審査に時間がかかり、さらに基準も厳しくなるのが実情です。

 

そのため審査に時間が多少かかっても大丈夫という方が利用される方が良いでしょう。

 

金利に関してですが、最低金利の場合消費者金融と銀行の間に大きな差はありません。

 

しかし最大金利については、銀行の方が若干低くなっているので、金利が気になるという方は銀行で借りる方が
良いと言えます。

 

消費者金融のほうがオススメな方

 

 

 

消費者金融でお金を借りるほうがおすすめの方は、少額の借入が必要な方、融資までのスピードを重視される方、
審査に落ちたくないという方です。

 

消費者金融では一般的に借入額が50万円以上の申込になると、収入証明書が必要になります。

 

さらに複数の金融機関から借入があり借入合計金額が100万円以上の場合は、やはり収入証明書類が必要となります。

 

そのため少額の借入であれば消費者金融を利用することに不便はないでしょう。

 

そして消費者金融では融資までのスピードを重視しているため、すぐにお金を借りる必要のある方に向いている
業社と言えます。

 

通常借入の手順は、申込、審査、契約、融資という順番になり、手続きがたくさんあり時間がかかるものです。

 

しかし消費者金融での借入の場合、この手続は当日中に終わりお金を借りる事も可能となります。

 

今すぐに現金が必要である場合は、やはり消費者金融の方が向いていると言えるでしょう。

 

審査が早いイコール審査が甘いという事ではありませんが、一般的には銀行よりも消費者金融の方が審査は優しい
と言われています。

 

審査基準が公開されているわけではないので誰も分からない事ですが、銀行の審査に落ちた方が、消費者金融の
審査には通ったというケースが少なからずあるのも事実です。

 

特に複数の業社からの融資を受けている方は銀行の審査で躓くケースが多いため、審査に落ちたくない方であれば
どちらかというと消費者金融で借りる方が良いでしょう。

☆ サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)☆

テレビのCMや広告などでおなじみのアイフル!

 

そんなアイフルは最大30日間利息0円、最短30分で審査完了、
原則来店不要で即日融資も可能、 また女性でも安心して利用
できる女性専用SuLaLi等、様々なシーンや利用方法に合わせた
サービスが充実している大手消費者金融業者です。

 

利用条件は満20歳〜70歳未満の方で、定期的な収入と返済能力を
有する方であれば利用が可能です。

 

また、アイフルでは急な出費でも提携コンビニCDからキャッシング可能で返済方法も充実しており、店舗や
コンビニ、提携金融機関等からOK。

 

24時間手続き、当日の振り込みも可能、近くに店舗がない方でもWEB契約で融資が可能です。まずは
WEB上にて事前に、融資可能か1秒で借り入れ診断ができます。

 

この他、アイフルのPC・スマホ限定サービス「配達時間えらべーる」なら本人様限定配送なので、誰にも
知られずに安心してカードを受け取る事ができます。

 

仕事で留守がちな方や、家族に知られたくないという方にも頼りになるサービスとなっています。

 

 

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!となって
いるモビット。

 

そんなモビットは、三井住友銀行グループの「モビット」が提供
するキャッシングサービス。

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも審査に30分は
かかるため、急いで資金が必要な場合は、最も事前審査の時間が
短いモビットのサービスは大変人気です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり。)

 

申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物もなく利用を開始でき、また
店舗への来店や担保・保証人も必要もありません。

 

三井住友銀行グループのモビットという安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査のスピード、そして
「Web完結」の手続きなら電話も郵便物も無いため、会社に連絡が来ると困る方でも、安心して申し込めます。
(※但し、本審査でキャッシング可能額が減額または借り入れ不可となる可能性あり。)

 

即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい、また手続きを簡単に済ませたいという方は大変頼りに
なるサービスです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

 

人気の地方銀行カードローン!

 

千葉銀行は千葉県千葉市中央区に本店を置く、千葉県内で最も
大きい地方銀行で「ちばぎん」の愛称で親しまれています。

 

また、国内においても単独の地銀として、総資産が横浜銀行につぐ
2番目に大きな地方銀行です。

 

そんな「ちばぎん」のカードローンが新しくなりました。

 

スペックが大幅に向上しており、特にはじめてカードローンを利用
する方にメリットが大きい内容となっています。

 

職業等の条件はなく「アルバイト・パート・フリーター・派遣社員」の方でも利用可能で、また本人に収入の
ない専業主婦の方でも、配偶者に安定収入があれば、ちばぎんカードローンを利用できます。

 

ただ、千葉銀行カードローンは「千葉、東京、茨木、神奈川(横浜市、川崎市)」に住んでいる方だけが
申し込みする事が可能となっています。

 

まずは利用のための1つの目安として「10秒クイック診断」が行えるので、現状で借り入れが可能かどうかを
確認して下さい。