銀行カードローンの即日融資の停止について!

 

 

銀行カードローンは以前よりスピード重視の審査を問題視されており、いわゆる反社会的勢力等にも
融資を行っていた事が問題視されていました。

 

こうした問題もあり、2018年1月から全ての銀行カードローンが即日審査・即日融資を中止する
という自主規制が発表されたのです。

 

元々銀行カードローンは法律の抜け穴的な部分でもあり、グレーゾーンとして様々な層に利用されて
きていました。

 

すぐに貸し出しを行いすぎ、審査をすぐに通しすぎ、こうした事がようやく表立って問題として扱われた
という事でしょうね。

 

2018年からカードローン業界は大きく変わる可能性も高いので、今のうちに先立って知識を増やして
おきましょう。

 

お金の借り入れを急ぐなら消費者金融

 

 

銀行カードローンの即日融資・即日審査が停止されるという事は、どうしてもまとまったお金が必要に
なった場合、銀行を頼れないという事になります。

 

多額のお金を借りるとなった場合、自然と選択肢は定まってくると思いますが、銀行カードローン
以外ではやはり消費者金融が良いでしょう。

 

消費者金融というシステムが生まれて以来、最初のうちは良いイメージが無く、強引な取立てや
嫌がらせ、膨大な利子というイメージが付きまとっていました。

 

しかし時代が過ぎるにつれて、そうしたイメージは徐々に払拭されつつあり、昔からある
老舗大手消費者金融は利用者に向けた多数のサービスを用意しています。

 

しっかりとしたルールにのっとった上での、即日審査・即日融資となっているので、グレーゾーン
という事もなく、安心して利用できます。

 

銀行カードローンが停止されたとなってしまっては、闇金という選択肢が浮かぶ方もいるかも
しれませんが、絶対に避けてください。

 

消費者金融から借りられない、という場合だったとしても、闇金だけは避けなければ、融資どころの
話ではないのは覚えておきましょう。

 

テレビやインターネットでよく見かける消費者金融であれば、融資の限度額も高く、よほどの事が
なければ審査を落ちる可能性もありません。

 

もちろん多額の融資を受けようとした場合は審査がその分厳しくなりますが、相応の収入や返済の
見込みがある場合は、気にする必要はないでしょう。

 

さらに銀行カードローンとの違いとして、貸金業法という法律があり、総量規制というものが適応
されるため、銀行のように貸しすぎという事になりません。

 

総量規制は契約者の年収の3分の1を超えるお金を貸し付けてはいけない、という法律であり、
消費者金融全体に適用されるシステムです。

 

銀行は総量規制の対象外のため、いくらでも貸して良いという形になっていたこともあり、問題視
されていたというのが即日融資・審査の停止に繋がりました。

 

消費者金融の場合は、ある日突然仕組みが変わったという事も無く、一度利用して完済するという
流れがわかれば、内容の変更も無いので混乱する事もありません。

 

残念ながら低金利、という部分では銀行に軍配があがりますが、それでも即日融資や急ぎの借り入れを
行う場合は、他の金融機関より信頼度は非常に高いと言えます。

 

実は銀行との違いはまだあり、審査の部分に大きく関わってくる部分です。

 

銀行の審査はほとんどと言って良いほど、補償会社という会社が行っており、銀行は審査の内容を
ほとんど知りません。

 

保証会社というのはクレジットカード会社や消費者金融が選ばれ、銀行はほとんど関与していないのです。

 

とくに地方銀行に多く見られるケースでは、審査に関する質問をしたとしても、銀行が審査するわけでは
ないからよくわからない、という回答が目立ちます。

 

銀行が提供しているカードローンであるにも関わらず、銀行という組織は審査の内容がまったくわからない、
という事ですね。

 

こうした部分から見ても、お金の借り入れや審査等に圧倒的なノウハウをもっている消費者金融が
良いという事に繋がるのです。

 

低金利で借りたいなら銀行

 

 

先にも紹介した通りですが、2018年の1月からは銀行を利用した即日融資・即日審査が停止されて
しまいます。

 

いわゆる即日審査自粛ですが、その内容をもう一度整理してみると、貸しすぎに関する批判・問題視
されている部分を回避するという事になります。

 

つまり銀行から融資を受けた場合にかかる金利、これは2018年になったとしても変わりが無く、
今まで通り消費者金融などよりも低金利で融資を受けられるという事です。

 

マイナス金利政策であらゆる金利が低下してしまったので、企業への多額融資・住宅ローンなどの
大口融資の利益が減少している、この部分が大きな影響を与えています。

 

銀行がカードローンから撤退するのではなく、自粛という形をとったのには理由があり、一人当たりの
貸付額が、少なくとも14%前後の金利で安定した収入になるわけです。

 

こうした理由もあり、即日審査・即日融資が停止されたとしても、今まで通りの金利で融資を受けられる
可能性は十分にあり、低金利で借りたいなら銀行が良いという事になります。

 

しかし金利の変更が無い可能性が高くても、審査基準がどうなるか、どう変わっていくのかというのは
気になる部分でしょう。

 

今回新聞で報道された部分では、各銀行が貸しすぎに対する自粛をする、という事を発表しただけであり、
法律に関する規制はまったく入っていません。

 

ですが今回の即日融資・即日審査の停止は、裏を返せば銀行に対する圧力とも取れることになるので、
既に2017年の上半期から大口貸付の自粛が行われています。

 

大手銀行の一部では、今までは年収の2分の1まで貸付をするというシステムだったにも関わらず、
最大でも年収の3分の1までという引き下げを行っているのです。

 

貸付残高を毎月公表する、という行動を取る銀行もあるようであり、簡単に言えば今までのような
融資は難しくなっていく、という事になります。

 

これに対してインターネットバンクは、最大で年収の60%の貸付を行う、年収の3分の1を超えても
貸せるという対応を明確にしているので、インターネットバンクには圧力がかかっていないようです。

 

どこの銀行も対応や対策に戸惑っている、という印象が受けられる中で、インターネットバンクの
有用性が高まっていくのが予想されます。

 

インターネットバンクも銀行と同じく金利が非常に安いというメリットがあり、これは消費者金融
よりも安いインターネットバンクもあるので、利用者が増える可能性は高いです。

 

今までと同じような形での融資・審査は見込めなくなってしまうものの、その分利便性の高い
インターネットバンクに注目が集まる、それが今後の銀行カードローンだと言えるでしょう。

 

審査は厳しくなるとはいえ、低金利というほかには無いメリットがあるので、即日融資を希望して
いない人にとっては、利用頻度はそこまでさがらないのかもしれません。

 

銀行の貸付自粛、これが発表されたことにより、2018年からは即対応・即融資は消費者金融の
独壇場となります。

 

対して銀行のカードローン審査は敷居が上がり、これまでと同じようにとはいかない、今まで銀行
のみを利用していた人からすれば不便になりそうです。

 

打開策としてはインターネットバンクが最も適しているとも言えますが、なるべく早くまとまった
お金が必要となると、そうもいきません。

 

金利が安い所が良いならば銀行、即日融資を希望するなら消費者金融、このようなすみわけが明確に
なったと言えます。

 

2018年に向けてまだまだ動きがありそうな銀行カードローン、不明点は多いですが、その動向に
注意していきたい所です。

☆ サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)☆

郵送物なしで誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!

 

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの「SMBCコン
シューマーファイナンス」が提供するキャッシングサービス。

 

申し込みは24時間対応しており、最短30分の即日審査と
最短1時間で融資という即日対応を実施しているため、今日中に
お金が必要という方には、最適なカードローンになります。

 

そんなプロミスでは、メールアドレスを登録し、WEB明細設定を
行うと、初借入から30日無利息となる点は高く評価されています。また、多くの大手消費者金融では、上限
金利を18%としている中で、プロミスは実質年利17.8%と低め設定されて所も人気の秘密!

 

契約が完了すれば即日振り込みにも対応していて、契約に際し、店舗への来店や担保・保証人も必要ありません。

 

郵送物なし・カードレスのWeb完結サービスも対応可能なため、家族にバレずに借り入れする事も可能です。

 

 

 

女性のオペレーターに対応して欲しいという方はプロミスレディース!
「オペレーターの対応が良い」と評判です!


レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。

 

 

テレビのCMや広告などでおなじみのアイフル!

 

そんなアイフルは最大30日間利息0円、最短30分で審査完了、
原則来店不要で即日融資も可能、 また女性でも安心して利用
できる女性専用SuLaLi等、様々なシーンや利用方法に合わせた
サービスが充実している大手消費者金融業者です。

 

利用条件は満20歳〜70歳未満の方で、定期的な収入と返済能力を
有する方であれば利用が可能です。

 

また、アイフルでは急な出費でも提携コンビニCDからキャッシング可能で返済方法も充実しており、店舗や
コンビニ、提携金融機関等からOK。

 

24時間手続き、当日の振り込みも可能、近くに店舗がない方でもWEB契約で融資が可能です。まずは
WEB上にて事前に、融資可能か1秒で借り入れ診断ができます。

 

この他、アイフルのPC・スマホ限定サービス「配達時間えらべーる」なら本人様限定配送なので、誰にも
知られずに安心してカードを受け取る事ができます。

 

仕事で留守がちな方や、家族に知られたくないという方にも頼りになるサービスとなっています。

 

 

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!と
なっているSMBC モビット。

 

そんなモビットは、三井住友銀行グループの「SMBC モビット」が
提供するキャッシングサービス。

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも審査に30分は
かかるため、急いで資金が必要な場合は、最も事前審査の時間が
短いSMBC モビットのサービスは大変人気です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり。)

 

申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物もなく利用を開始でき、また
店舗への来店や担保・保証人も必要もありません。

 

三井住友銀行グループのSMBC モビットという安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査のスピード、そして
「Web完結」の手続きなら電話も郵便物も無いため、会社に連絡が来ると困る方でも、安心して申し込めます。
(※但し、本審査でキャッシング可能額が減額または借り入れ不可となる可能性あり。)

 

即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい、また手続きを簡単に済ませたいという方は大変頼りに
なるサービスです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)