お金を借りる際に必要な書類

 

 

銀行や消費者金融など、お金を借りられる場所は様々ですが、はじめて利用する方にとっては何が
必要かわからないですよね。

 

一口に審査といっても小口融資・大口融資等があり、それぞれに用意するべき書類にいくつかの
違いがあります。

 

必要書類をあらかじめ知っておき、それらを用意しておくことにより、スムーズな審査が行える
だけでなく、自宅と銀行の往復という手間も省けます。

 

一見必要ないと思われる知識ですが、こうした事はいざ手続きを始めると手間や時間の浪費が凄まじい
ものです。

 

ストレスを排除する為にも、知っておけば損をしないだけでなく、思っているよりも必要な書類が
多いというのが審査の実態でもあります。

 

少額融資(1万〜50万円)の場合

 

一般的に小額融資の金額は1万円から50万円のお金を借りる場合であり、小額のお金を借りる時の
書類はそこまで必要がありません。

 

住所や氏名が確認できる物があれば大体の金融機関は審査を行ってくれますし、それが書類でなくても
コピーでも大丈夫な所が多いといわれています。

 

免許証やパスポート、外国人登録証明書などがこれに当たりますが、公共料金の領収書や住民票の
写しでも代用可能な所もあります。

 

ここで注意したいのは、免許証などに記載されている本人確認のための住所と、現在の住所が異なって
いる場合は、現住所が記載された書類が必要になるので、覚えておきましょう。

 

こうした場合は印鑑証明も必要となってくるので、予め適切な本人確認書類と印鑑証明書を準備して
おけば、スムーズに審査が進みます。

 

実は金融機関によっては必要な物が多少異なるという部分も大事なポイントであり、ほとんどの場合は
免許証だけで大丈夫です。

 

しかし保険証やパスポート、公共料金の証明といった物を書類として用意した場合、二点以上の提出を
求められるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

そしてなるべく提出する種類では、過去の物ではなく直近の物を用意してください。

 

パスポートなども同じであり、期限が切れている物では審査を通りません。

 

最後に小額融資の細かい部分になりますが、業者によっては年齢制限あり・主婦や学生は不可、
こうした制限があり、逆にそれらを許可してくれる業者もあります。

 

銀行や消費者金融など、お金を借りられる所はたくさんあるものの、一つ一つで審査基準や準備する
物が違うので、知っておくとずいぶん違いますよね。

 

何が必要で何が駄目なのか、必要以上に行っておく事で、スムーズにお金を借りる事が可能となってきます。

 

融資額が大きい(50万円以上〜)の場合

 

50万円以上のお金を借りる場合は小額融資ではなく、全て大口融資という扱いになるため、必要書類に
少し違いが出てきます。

 

小額のお金を借りる場合は身分証明書のみで大丈夫な所もあれば、保険証やパスポートを二点以上
用意すれば大丈夫でした。

 

しかし融資額が増えるにつれて、やはり審査も厳しくなり、身分証明書のみを持っていったとしても
審査は通らないのです。

 

小額融資の時に必要だった免許証や保険証に加えて、現在の収入を証明できる物、こうしたより
具体的な返済が可能かどうかを判断する物を要求されます。

 

源泉徴収票や確定証明書、給与証明書がこれに該当する物であり、融資を受けにいったあなたに
どれだけの返済能力があるのかを審査しているわけです。

 

中でも給与明細書に関しては、一年分・直近数ヶ月分の賞与明細書を求められる事がほとんどなので、
手元に無い方も多いと思います。

 

一般的な金額として50万円以上の審査、と今回は紹介していますが、こちらも金融機関ごとで様々であり、
50万円ならいらない、100万円以上なら必要という業者もあります。

 

個人事業主が大口融資を受ける場合、損益計算書・貸借対照表・試算表・事業計画書といったように、
更に必要書類が増えるのも、覚えておきたい点です。

 

特に損益計算書が黒字であれば返済能力があると評価され、沢山のお金を借りる場合でも審査に通り
やすくなり、非常に有利になります。

 

書類はパソコンで作る・誤字脱字が無い・出来るだけ早く用意する、こうした細やかな配慮も、
審査をよりスムーズに通すコツとなるので、覚えておきましょう。

 

銀行から借りる場合でも消費者金融から借りる場合でも、担当者の印象は審査に大きく響く物であり、
印象を良くするにこしたことはありません。

 

決算書・貸借対照表・試算表の数値といった物に重点をおいておいたとしても、個人の態度や資料の
作り方、経営者の資質といったような総合力を見ているのですから。

 

必要書類をスムーズに揃えるコツ

 

 

ここまで紹介してきた部分で、借りる金額で必要種類に違いがあり、住宅ローン等の個人なのか、
事業主なのかでも差がある事がわかりました。

 

これらの審査をスムーズに行いたい場合は、何度も必要書類を確認するという手間を無くすためにも、
事前に用意しておくことが何よりも大切です。

 

必要になった時に借りるからその時に用意すれば良い、そう考えている人もたくさんいらっしゃると
思いますが、まとまったお金が急に必要になるというのは誰にでも起こります。

 

3日以内に100万円が必要になった!書類は何が必要?免許証だけじゃだめなの!?といったように、
色々調べていると希望日時までに借りられないことはよくあるのです。

 

こうしたトラブルに対応するためにも、ある程度必要書類を準備しておくことは大切であり、
数か月分や一年分必要な賞与明細書のみもらえばよい、こうした状況にしておくことが大切です。

 

あらかじめ用意しておくことで、急な借り入れにもスムーズに対応が出来ますし、準備をしておけば
金融機関もスムーズに審査を行えます。

 

有効期限切れ・金融機関ごとで必要な書類の差、これだけは注意が必要ですが、現住所が明記されて
いるものなどは準備も簡単です。

 

さらに借りたい消費者金融や銀行をピックアップしておき、各々に必要な書類の共通している部分
だけでも用意しておけば、即時対応が可能となりますよね。

 

近いうちにお金が必要になる、いざという時の用意をしておきたい、そうした人は普段から用意
しておくことが、スムーズな審査のコツだと言えます。

 

まとまったお金が必要になる状況は交通事故と同じであり、あなたがどれだけ注意していたとしても、
巻き込まれる可能性は十分にあるのです。

 

自分は大丈夫、事が起こってから動けば良い、決してそうした決め付けをせずにおいてください。

 

焦って即日融資対応可能・必要書類無しといった売り文句に飛びついてしまえば、それはヤミ金や
詐欺犯罪の手口に引っかかるという事なのです。

 

決して都市伝説などではなく、今でも切羽詰った方を食い物にしている業者が存在しているのは事実です。

 

必要書類と一つの言葉にまとめるのは非常に簡単ですが、蓋を開けてみるとたくさんの違いがあります。

 

これから経営者としてスタートを切る方、現在経営しているお店の改築費、夢に見たマイホーム等、
まとまったお金は必要になるタイミングがあります。

 

そうしたタイミングを逃さないためにも、突然必要になった時にすぐに対応できるようにするのにも、
事前の準備をする事が何よりのポイントです。

 

本来アナタが行う必要の無い手間や準備というのは、金融機関とのやりとりにおいてたくさんありますが、
必要な物は用意しなければいけません。

 

事前の準備と知識の蓄え、それがお金を借りる時に必要な事であり、不必要なストレスをためないコツ
なのです。

☆ サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)☆

郵送物なしで誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!

 

プロミスは三井住友フィナンシャルグループの「SMBCコン
シューマーファイナンス」が提供するキャッシングサービス。

 

申し込みは24時間対応しており、最短30分の即日審査と
最短1時間で融資という即日対応を実施しているため、今日中に
お金が必要という方には、最適なカードローンになります。

 

そんなプロミスでは、メールアドレスを登録し、WEB明細設定を
行うと、初借入から30日無利息となる点は高く評価されています。また、多くの大手消費者金融では、上限
金利を18%としている中で、プロミスは実質年利17.8%と低め設定されて所も人気の秘密!

 

契約が完了すれば即日振り込みにも対応していて、契約に際し、店舗への来店や担保・保証人も必要ありません。

 

郵送物なし・カードレスのWeb完結サービスも対応可能なため、家族にバレずに借り入れする事も可能です。

 

 

 

女性のオペレーターに対応して欲しいという方はプロミスレディース!
「オペレーターの対応が良い」と評判です!


レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。

 

 

テレビのCMや広告などでおなじみのアイフル!

 

そんなアイフルは最大30日間利息0円、最短30分で審査完了、
原則来店不要で即日融資も可能、 また女性でも安心して利用
できる女性専用SuLaLi等、様々なシーンや利用方法に合わせた
サービスが充実している大手消費者金融業者です。

 

利用条件は満20歳〜70歳未満の方で、定期的な収入と返済能力を
有する方であれば利用が可能です。

 

また、アイフルでは急な出費でも提携コンビニCDからキャッシング可能で返済方法も充実しており、店舗や
コンビニ、提携金融機関等からOK。

 

24時間手続き、当日の振り込みも可能、近くに店舗がない方でもWEB契約で融資が可能です。まずは
WEB上にて事前に、融資可能か1秒で借り入れ診断ができます。

 

この他、アイフルのPC・スマホ限定サービス「配達時間えらべーる」なら本人様限定配送なので、誰にも
知られずに安心してカードを受け取る事ができます。

 

仕事で留守がちな方や、家族に知られたくないという方にも頼りになるサービスとなっています。

 

 

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!と
なっているSMBC モビット。

 

そんなモビットは、三井住友銀行グループの「SMBC モビット」が
提供するキャッシングサービス。

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも審査に30分は
かかるため、急いで資金が必要な場合は、最も事前審査の時間が
短いSMBC モビットのサービスは大変人気です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり。)

 

申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物もなく利用を開始でき、また
店舗への来店や担保・保証人も必要もありません。

 

三井住友銀行グループのSMBC モビットという安心感に加え、最短10秒という圧倒的な事前審査のスピード、そして
「Web完結」の手続きなら電話も郵便物も無いため、会社に連絡が来ると困る方でも、安心して申し込めます。
(※但し、本審査でキャッシング可能額が減額または借り入れ不可となる可能性あり。)

 

即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい、また手続きを簡単に済ませたいという方は大変頼りに
なるサービスです。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

 

人気の地方銀行カードローン!

 

千葉銀行は千葉県千葉市中央区に本店を置く、千葉県内で最も
大きい地方銀行で「ちばぎん」の愛称で親しまれています。

 

また、国内においても単独の地銀として、総資産が横浜銀行につぐ
2番目に大きな地方銀行です。

 

そんな「ちばぎん」のカードローンが新しくなりました。

 

スペックが大幅に向上しており、特にはじめてカードローンを利用
する方にメリットが大きい内容となっています。

 

職業等の条件はなく「アルバイト・パート・フリーター・派遣社員」の方でも安定した収入があれば、
利用可能で、ちばぎんカードローンを利用できます。

 

ただ、千葉銀行カードローンは「千葉、東京、茨木、神奈川(横浜市、川崎市)」に住んでいる方だけが
申し込みする事が可能となっています。

 

まずは利用のための1つの目安として「10秒クイック診断」が行えるので、現状で借り入れが可能かどうかを
確認して下さい。